2世帯住宅に適した様々なリフォーム術を紹介していくサイト

参考情報サイトと補足情報紹介

各種情報を見られるサイト

さて、2世帯住宅に関する各種リフォームの施工事例や、その言葉の意味などを解説してきましたが、こうした情報を収集できるサイトとして、参考となり得るサイトとして、住友林業のリフォームサイトを紹介します。
住友林業は、「木と暮らす歓び」をテーマとして、日本の住宅事情で特に好まれる「木を使った家づくり、リフォーム」に強みを見せている住宅メーカーです。
このメーカーは、2世帯住宅へのリフォーム施工事例を多数紹介しており、ジャンルや居住地域での検索をかけることもできます。
木造建築の住宅は特に地方に多いため、高齢化や少子化を意識しつつ、野暮ったくならないオシャレな施工事例をたくさん見つける事ができるのも、嬉しい特徴です。

日本の住宅事情の未来

さて、最後のこの項目では、日本の住宅事情のこれからについて、考えていきたいと思います。
結論から言うと、これから家は次々と「余って」いきます。
少子化により持ち家を希望する若い世代が減り、収入も増えないため、リスクの少ない借家や賃貸を選ぶ家庭が増えている事情の他に、既に戸建てを所有している高齢世代も、ローンや固定資産税の部分から、支払い続けるよりも手放して、余生は賃貸で過ごすと考える人が増えているためというのもあります。
こうしてあらゆる世代が「持ち家」を持たない、手放すという選択肢を採り続け、今後もその傾向はとどまる切欠が見つかりません。
そのため、戸建ては今後「空き家」となっていく傾向が続いていきます。
空き家が増える事は、地域の防犯・景観的にも良い影響はありません。
そのため、今後は戸建てに対する意識の変革、空き家に対する対策などを地域やみなさんで一緒に考えていく必要があります。